よくある質問

青木&パートナーズについての質問

Q.創業計画書をどのように作成すれば良いか分からないのですが教えて頂けますか?

創業時の事業計画は資金調達する上でとても重要です。経営者の頭の中に描いているビジョンを、一緒に考えながら計画書という形にしていきます。

Q.「認定支援機関」とは何ですか?

中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、専門知識、実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。当事務所は「認定支援機関」として数々の早期経営改善計画を作成し、お客様のサポートをしております。

Q.金融機関へ相談したいのですが?

お客様の中・長期的な展望をヒアリングした上で、信頼できる経営計画書を作成し連携している金融機関へ提供します。また定期的に日本政策金融公庫様と「青木&パートナーズ1日公庫」を開催しています。融資ご希望の方は是非ご相談ください。

Q.開業・設立相談はどこにお願いすればいいですか?

創業計画時は知識も少なく、資金の面でも不安な事ばかりです。
創業支援・資金繰り支援として「新規創業応援パック」で、新しく事業を始める経営者の後押しをさせて頂きます。新規に創業を検討し、迷っている方は当事務所へお任せください。

Q.御社の特徴は何ですか?

毎月監査担当者が関与先を訪問し、前月の経理処理状況を監査します。その後各種分析を行い、決算予測と対策、財務体質の改善強化や、経営者の計数管理力向上のサポートを致します。
経営の迅速な意思決定には、月次決算後に提供するリアルタイムな経営戦略情報は欠かせません。

Q.御社には何人の税理士がいますか?

現在7名の税理士がおります。宮城県内のほとんどの事務所が税理士1人でやっており、税理士が7名もいる事務所はあまりありません。
従って、常に質の高い業務支援を行うことができます。

Q.税理士法人とは何ですか?

税理士が2人以上で設立する会社です。複数の税理士による大規模案件への対応や、より専門的な業務が期待できる他、税理士業務の承継が可能です。

Q.御社は設立してどのくらいですか?

当社は平成28年で創業40周年を迎えます。事務所の経歴としては、かなり長い部類に属しています。

Q.御社にはどのようなクライアントがいますか?

飲食店業、製造業、卸売業、小売業、建設業、美容業などほぼ全ての業種のお客様と顧問契約を締結させて頂いております。また、社会福祉法人や公益法人など特殊法人のお客様も多数いらっしゃいます。

Q.今の税理士とは年に一度しか会いません。

当社は、担当者が関与先に毎月お伺いし経理チェックから月次決算、決算準備と予測の実施を標準化しています。
月次決算は変化の激しい現代では必要不可欠です。

Q.顧問料は安い方がいいですよね?

安いに越したことはありませんが、適正価格があります。経営の重大局面もしくは人生の岐路にあるとき、「安かろう悪かろう」のサービスで、良い結果を期待できますか?
当社は、「安かろう悪かろう」の事務所ではありません。
税理士に低価格だけを求める方は、残念ながらご期待に添えません。「できる限りのサービス提供」に対して「適正な対価」を頂戴するというのが当社の信条です。

Q.税理士の違いがわかりません。どこも一緒では?

大きな違いがあります。
税理士のサービス内容は千差万別、担当者もピンからキリまで。
専門分野もあり、サービスの優劣もあります。
また、当社が加入するTKC全国会には金融機関や税務署から大きな信頼がよせられております。

Q.相続ってどこに相談すればいいの?弁護士?司法書士?税理士?

相続税の申告は税理士の専売特許です。
全体をみれば、経験豊富な税理士に初めからご依頼頂くのが合理的。
そして当社には長年の実績があります。

  • 税理士による無料相談